方木田施術院(福島県福島市) 方木田施術院トップページ

クラシカルオステオパシー

クラシカルオステオパシーについて

 オステオパシーは約130年前に米国の医師A.T.スティルによって提唱された医学体系です。 現在全米に23のオステオパシー医科大学があり、米国政府公認の医学として救急医療の分野をはじめ様々な疾患に対して活用されています。

 英国のJ.M.リトルジョンは生理学者でもありスティルと共にオステオパシーの創世期を過ごしました。そしてその哲学と技術を英国に持ち帰り英国において発展させたのです。

 英国のクラシカルオステオパシーでは身体を1つのユニットとして捉え,身体調整の技法を通して全身の調整を行います。クラシカルオステオパシーの理論は人体生理学に基づくもので、スティルが考案した当初のオステオパシーの哲学・技法を忠実に守り現代に伝えています。

 オステオパシーでは身体の構造と機能の関連に重点をおいています。
 筋・骨格系の異常は直接内臓や組織の機能を障害します。そのため、筋骨格系の動きを正常化させることで有機体である人体の機能回復が図れます。一方、疾患は病理学的な変化が生じる前の機能障害の段階で多く発生しています。
 クラシカルオステオパシーでは生理学的な面から疾患を捉え、筋・骨格系だけでなく神経系やリンパ・血管系にアプローチをします。そのためクラシカルオステオパシーでは筋・骨格系の障害だけでなく、慢性疾患や内科系の疾患などの広範囲な健康問題に対処することができるのです。

 クラシカルオステオパシーの技法は他の医学にはない人体生理学に基づいた、奥の深いそして医療の原点ともいうべき治療法であり、単に局所の障害を治療するだけにとどまらず人体という有機体を治療する全体治療なのです。